[PR]

 任天堂が30日発表した2018年9月中間決算は、家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」向けのソフトの販売が好調で、売上高は前年比4%増の3889億円だった。流通コストが不要なダウンロード販売も増えたため営業利益は53・7%増の614億円、純利益は25・4%増の645億円と大幅な増益となった。

 スイッチ向けソフトでは、「ドンキーコング」や「マリオテニス」の新作など六つが100万本以上売れた。スイッチ本体の世界販売台数は3・7%増の507万台。年間目標の2千万台に向け、年末にかけて「ポケットモンスター」や「大乱闘スマッシュブラザーズ」の新作などを売り出す。古川俊太郎社長は会見で「易しいチャレンジではないが、これからの年末商戦が本番だ」と話した。