[PR]

患者を生きる・食べる「胃を切って」(3)

 宮城県大崎市でカフェを経営する小玉仁志(こだまひとし)さん(34)は2008年に胃がんが見つかり、2度の手術で胃をすべて切り取った。退院後、ものを食べることが極端につらくなった。

 胃をすべて切り、食道に小腸を直接つなげる手術を受けたことで、それまでのように胃の中に食べ物を一時的にためることができなくなった。胃の入り口にあった弁も切り取られてなくなったので、逆流も防ぎにくくなった。

 食べ物や飲み物が小腸にすぐ流…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら