[PR]

 プロ野球の新人選択(ドラフト)会議で日本ハムから5位指名を受けた大阪桐蔭高の柿木(かきぎ)蓮が30日、大阪府大東市の同校で日本ハムの林孝哉スカウトらから指名のあいさつを受けた。「(プロ入りする)実感がわいてきました」と語った。

 今夏の甲子園で優勝投手になった右腕は、堂々と林スカウトと握手を交わした。林スカウトは報道陣から改めて評価を問われ、「投げっぷり、投手としての完成度、マウンドでの闘争心。早い時期に1軍にあがると思っている」と語った。柿木自身は、「メンタルの強さが自分の売りだと思っている。そこを武器にしていきたい」と話した。

 プロでの目標は、「子どもたちから憧れられる投手」。今夏の甲子園を沸かせた「100回世代」からプロの扉をたたく選手も多い。「誰にも負けたくないですが、名前を挙げろと言われれば、一緒にやってきた3人には絶対負けたくない」と柿木。春夏連覇を成し遂げ、一緒にプロの世界に飛び込む根尾昂、藤原恭大、横川凱に対抗心を燃やしていた。

 横川もこの日、4位指名を受けた巨人から同校で指名のあいさつを受けた。190センチの長身左腕は、「ドラフト当日はほっとしたけど、今はほっとしている場合じゃない。実力はまだまだ。プロで通用するようにしっかり練習したい」と抱負を述べた。

こんなニュースも