水深7センチでも溺死 狭い用水路、進まぬ対策

有料記事

岡野翔
[PR]

 地域によっては、住宅のすぐそばまで張り巡らされている用水路。流れが緩やかで、幅が数十センチしかないところでも、多くの人が亡くなっている。なぜ、こういった場所で亡くなってしまうのだろうか。

 「溺死の場合、ほとんどは顔が横か下のうつぶせの体勢。転落で首の骨を折るなどして動けなくなると、水深が10センチ程度でも水を吸い込んで死に至る」。用水路での死亡事故に詳しい奈良県立医科大の羽竹勝彦教授(法医学)は指摘する。

 羽竹教授によると、08~17年の10年間に県内の水路で見つかった70人の遺体の解剖結果を分析すると、現場の水深の平均は約13センチしかなかった。死因は、溺死が半数以上を占め、脳挫傷や頸髄(けいずい)損傷などの外傷が続いた。

 実際、水量が少なく、規模が…

この記事は有料記事です。残り1019文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。