[PR]

 世界経済に不穏なムードが漂う。米中摩擦は貿易戦争の様相を帯び、欧州では財政不安とポピュリズムがせめぎ合う。サウジアラビア人記者の殺害事件で原油市場の先行きも不安定になっている。どこから世界経済が崩れてきてもおかしくない状態だ。

 もし世界経済に何らかのショックが起きたら――。もはや金融緩和手段を出し尽くしている日本銀行は、そのとき打つ手はあるのか。日銀の国債大量買い取りによる超低金利に支えられている日本の財政は、大丈夫なのだろうか。

 多くの不安がよぎるなか、当面…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら