【動画】「大道芸ワールドカップin静岡2018」開幕=佐々木凌撮影
[PR]

 「大道芸ワールドカップin静岡2018」(実行委員会主催、静岡市共催)が1日、開幕した。4日までの期間中、世界23カ国102組のアーティストが駿府城公園や呉服町通りなど市内37カ所で様々なパフォーマンスを繰り広げる。

 初日は秋晴れの中、県内外から多くの観客が訪れ、ジャグリングやディアボロ(中国コマ)、アクロバットなど一流の技の数々に魅了されていた。

 駿府城公園で米国人女性2人組による空中ブランコを見た津市の染井絆那(はんな)さん(8)は「落ちないのがすごい」。母聖子さん(45)は「日本ではなかなか見ることができない海外アーティストも出ているので、たくさん見せてあげたい」と話した。

 15年前から毎年訪れている浜松市東区の田中道夫さん(71)は「素晴らしいパフォーマンスが見切れないほどあり、毎年来ても飽きません」と笑顔だった。(佐々木凌)