[PR]

 2019年用の年賀はがきの販売が1日、全国で始まり、神戸市中央区の神戸中央郵便局では、宝塚歌劇団星組の漣(さざなみ)レイラさんと水乃ゆりさんが、平成最後の年賀はがきをPRするイベントがあった。漣さんは「年賀状は元旦の楽しみの一つ。小さい頃は郵便受けの前で待っていた」と語り、水乃さんは「漣さんから年賀状をいただきたいです」とはにかんだ。

 同区の熊内(くもち)幼稚園の園児33人も参加し、人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の歌に合わせたダンスを披露した。

 日本郵便によると、今年は「いいじゃん、それぞれの年賀状。」をキャッチフレーズとして、約24億枚を販売する予定。ディズニーのキャラクターやスヌーピーがデザインされたものもある。神戸中央郵便局の橋本敏弘・総務部長は「身近な贈り物として利用して」と話した。(大木理恵子)