【動画】警察署員が住居侵入の手口を実演し、防犯対策を呼びかけた=田中恭太撮影
[PR]

 住宅への侵入盗被害が全国ワーストの愛知県だが、住民の意識はそれほど高くない。西枇杷島署はこのほど、犯人の手口を再現することで注意を呼びかけた。

 北名古屋市にある平屋の空き家。犯人役の署員が、手にしたマイナスドライバーを腰高窓のガラスにつきたてた。「ピシピシ」。音がしてすぐに窓ガラスは割れた。手を伸ばした署員がクレセント錠を開け、簡単に室内に侵入した。

 最初のガラスへの一撃から、室内に入るまでわずか10秒。参加した地元の防犯協会役員らは「これだったら私でも入れるわね」とため息交じりの声をあげた。

 さらに「焼き破り」と呼ばれる…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら