[PR]

 プロ野球ドラフト会議でロッテから6位指名を受けた習志野高校の古谷拓郎投手(3年)と、日本ハムから6位で指名された成田高校の田宮裕涼(ゆあ)捕手(同)が10月31日、それぞれの学校で各球団のスカウトから指名あいさつを受けた。

 古谷君はロッテの井口資仁監督から贈られたサイン入りの色紙とサインボールを手にしながら、「きょう指名あいさつを受けて、(プロの)実感が少しずつ湧いてきた」と笑顔で話した。榎康弘スカウトは「バランスが良く、ポテンシャルの高い投手。息の長い選手として活躍してほしい」と期待を寄せた。

 田宮君は「共に天下を」と手書きで書かれた日ハム・栗山英樹監督の名刺を持ち、「(日ハムに指名された高校生の中で)自分だけが甲子園に出ていない。それでもすごくなれると見せたい」。同校OBで日ハムでプレーした岩舘学スカウトは「走攻守いかせる能力を高く評価した。母校の選手なので厳しく指導もしていきたい」と話した。

 日ハムの2軍の拠点は千葉県鎌ケ谷市にある。田宮君は取材に、同市出身の古谷君から「鎌ケ谷へようこそ」というLINEが送られてきたことを紹介。互いに「おめでとう」と祝福し合ったという。(松山紫乃)

関連ニュース