[PR]

 ワンタッチで遠近の切り替えができる、三井化学の電子眼鏡「TouchFocus(タッチフォーカス)」の引き合いが増えている。今年2月から8店舗で先行販売し、10月には20店舗にまで拡大した。高齢化が進むなか、シニア世代の趣味や生活をサポートできる製品として今後も売り上げを伸ばしそうだ。

     ◇

 一般的な遠近両用の眼鏡は、遠くも近くも見えるよう、レンズの上部が遠距離、中央が中間距離(パソコン画面や足元など)、下部が近距離にあわせた仕組みになっている。レンズ内で度数の変化が大きいためゆがみを感じやすく、目の疲れにつながるケースもあるという。

 一方、三井化学の電子眼鏡は、…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも