[PR]

 死産や流産で亡くなった子どものためのひつぎ作りを、秋田市の市民団体が進めている。死産経験者や助産師らが話し合い、デザインの細部にまでこだわる。心を込めたひつぎで我が子を見送ることで、「父母の悲しみを少しでも和らげられたら」と願っている。

 ひつぎを作っているのは、産前産後の女性や家族の支援団体「ここはぐ」。代表の小田嶋麻貴子さん(36)が2011年に設立した。

 小田嶋さん自身、2度の流産を経験した。13年から死産や流産を経験した父母の交流会を開く中で、悲しみやつらさを共有した。その中にひつぎへの悔いもあった。「小さく産んでしまったあまり、大きな箱に入れるのがつらい」「選んでいる余裕すらなかった」

 一方、「ここはぐ」のメンバー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら