写真・図版

[PR]

患者を生きる・食べる「胃を切って」(5)情報編

 胃がんは検査や治療法の進歩で早い段階で発見し、治療ができるようになった。近年、死亡率は下がる傾向にある。

 ただし、「胃がんが『治る病気』になったことで、胃を切るということが大病だ、という意識が薄れつつある」と汐留みらいクリニック(東京都)の青木照明(あおきてるあき)医師(82)は指摘する。手術後に起きる様々な後遺症に適切な対処ができない例が少なくないという。

 病気が治ったとしても、胃を切れば様々な後遺症が起きる。とくにすべて切る「全摘」の場合は影響が大きい。

 代表的な後遺症が「ダンピング…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら