[PR]

 鳥取県米子市と江府町の観光地などで今月から、夜の魅力を高めてにぎわいも期待するライトアップの演出が始まった。

 米子市の国史跡・米子城跡(標高約90メートル)は18日までの日没から午後10時、天守と二の丸の石垣に照明を当てている。戦国時代末期の姿を伝える石垣の下に62基のLED照明を据え、秋の夜空に黄色く浮かび上がらせている。登城すれば市街地の夜景も楽しめる。

 市は城跡の保存活用計画に基づき保存と活用、整備に取り組んでいる。市主催の城跡への照明は今年で3年目。今年は初開催した夏場の照明に続き2回目の点灯となった。10、17日には史跡公園化を目指している三の丸広場(湊山球場)を開放してスタンドから眺められる。

 ライトアップ期間中、10日午…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら