写真・図版 
[PR]

 脊髄(せきずい)損傷の患者の脊髄に電極を埋め込み、患者の意図に基づく電気信号を伝えながらリハビリを行ったところ、歩く機能が改善したという研究成果を、スイス連邦工科大学ローザンヌ校などの研究チームが発表した。リハビリでの活用などが期待されている。論文は1日、英科学誌ネイチャーに掲載された。

 通常、脊髄を損傷すると脳からの電気信号が足に届かなくなる。研究チームは、足を動かすという患者の意図を反映するような電気信号を、足の動きの計測データやコンピューターシミュレーションなどを活用して作り出した。

 患者が動かしたいと思うタイミングに合わせて、発信装置から脊髄に埋め込んだ電極に信号が流れることで、あたかも脳から刺激されたような状態にした。

 脊髄損傷になって4~6年の20~40代の男性3人に、この方法で5カ月間リハビリをしたところ、いずれも運動機能を示すスコアが改善した。動かなかった足が動くようになった患者もいた。痛みなどの感覚でも改善が見られた。手でも同様の効果が確認された。

 脊髄損傷は、iPS細胞を使った治療法の研究も進められている。脊髄損傷のリハビリに詳しい国立障害者リハビリテーションセンター研究所の河島則天さんは、「今回のような技術の進歩が再生医療の成果と融合すれば、患者が再び歩く機能を取り戻すことも夢ではないだろう」と話す。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/(戸田政考)