[PR]

 米グーグルで、セクシュアルハラスメントをした幹部が2014年に9千万ドル(約101億円)の退職金を受け取って辞めていたと報じられていたことを巡り、1日、全世界のグーグルで社員たちが会社から一時退出する抗議活動を行った。活動に参加した社員は数千人に上るとみられる。

 世界各地の時間帯で、1日午前11時、大勢のグーグル社員たちがオフィスを出て、近くの広場や公園に集まり、「会社がセクハラをした幹部に9千万ドルを払うために、私は毎日懸命に働いているのか」といったプラカードを掲げ、会社に抗議した。社員たちはツイッター上などに、抗議活動の様子を次々と投稿した。この抗議活動は、数日前からグーグル社内で呼びかけられていた。

 米メディアによると、抗議はシンガポールなどで始まり、インド、ドイツ、ロンドン、ニューヨーク、シカゴ、そして同社本社があるカリフォルニア州のマウンテンビュー市などに広がった。参加者はニューヨークで3千人超、マウンテンビューでも数千人に上ったという。

 セクハラ問題の詳細は、米ニュ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら