[PR]

 コイ科の淡水魚「ニゴイ」をフライにしたカレーを、琵琶湖の若手漁師らが開発した。滋賀県内の「CoCo壱番屋」4店舗で売り出されている。

 地元では「マジカ」とも呼ばれる。網に多く掛かるものの加工が難しく、鮮度が落ちやすいために流通してこなかった。そんな「厄介者」に光を当てた。

 小骨の処理法を学び、生け締めするなどおいしさを保つ方法も見つけた。担当者は「身の質感や皮のうまみを味わって」。ヒットも間近(マジカ)かも。