拡大する写真・図版 復元に向け、いったん分解された「5代目ファミリア」=広島県府中町

[PR]

 マツダがプロジェクトチームをつくり、1980年代の人気車「5代目ファミリア」(初代FFファミリア)のレストア(復元)に取り組んでいる。2020年に迎える創立100年に向けた動きで、15年度から毎年1台、往年の名車を復元してきた。今回も来年3月に完成した後はイベントで広く披露する。

 5代目ファミリアは80~84年に計約200万台を生産。真っ赤な外観が目を引くデザインで、第1回の日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。若者を中心に人気を集め、国内の月間販売台数で何度もライバル車を上回りトップになった。

 6月から、公募で選ばれた様々な部門の15人が、本社工場(広島県府中町)の一角に週1回集まっている。まずは同社で保管していた5代目ファミリアを分解し、部品の補修交換などを進めている。

 プロジェクトに参加しているパ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら