[PR]

 プロ野球広島東洋カープの新井貴浩内野手(41)が3日、20年間の現役生活に終止符を打った。マツダスタジアム(広島市)での日本シリーズ第6戦でソフトバンクに敗れ、念願だった日本一には届かなかった。

 2点を追う八回無死、代打で登場。360度の「新井コール」のなか渾身(こんしん)のスイングで遊ゴロに倒れた。

 広島出身。2007年に取得したフリーエージェント権を行使して、一度は阪神へ去った。自ら下した決断なのに、「カープが大好きです。つらいです」と泣いた。

 自由契約になり、故郷の球団に復帰したのが15年。低迷期の広島でともに戦ってきた投手の黒田博樹さん(43)も大リーグから戻った。ドラマのような物語が、ここから始まった。

 翌16年、黒田さんとともにチームを25年ぶりのリーグ優勝に導き、2人で抱き合って泣いた。そのシーズン限りで黒田さんが引退した後も、欠かせない存在であり続けた。

 登場曲はスキマスイッチの「全力少年」。時に不格好でも決して手を抜かず、得点すれば真っ先にベンチから飛び出して大喜びした。「全力中年」は兄のように慕われ、この夜も誰よりも大きな、悲鳴にも似た声援に背を押された。

 引退表明は9月5日。「新井さんと一日でも長く」が選手たちの合言葉になった。その後、新井選手がお立ち台で「家族一丸で頑張りたい」と言えば、それがまたチームの、ファンの合言葉になった。

 「かわいい後輩たちと日本一になって、うれし涙で終われれば最高だな」と話していたが、届かず。「悔しくないといえばウソになる。でも、それ以上に『ありがとうございます』という気持ちです」。試合後、少し寂しげな表情でそう話した。広島を愛し、広島に愛された背番号25。夢の続きを後輩たちに託し、ユニホームを脱ぐ。(竹田竜世)