[PR]

 男子テニスのマスターズ・パリ大会は2日、パリで行われ、世界ランキング11位の錦織圭(日清食品)はシングルス準々決勝で同3位のロジャー・フェデラー(スイス)に4―6、4―6で敗れ、ベスト4入りはならなかった。フェデラー戦は6連敗で通算の対戦成績は2勝7敗となった。錦織は5日に発表予定の世界ランキングで9位に浮上し、約1年2カ月ぶりにトップ10に復帰する。

 また、錦織は今大会で年間成績上位8人が挑むATPツアー・ファイナル(11~18日、ロンドン)の出場権は獲得できなかったが、年間成績の9位が確定。すでに出場権を獲得しているフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)が右ひざの膝蓋骨(しつがいこつ)骨折で早々の復帰は難しいといわれており、繰り上げ出場の可能性は十分にある。