[PR]

 地方自治や社会福祉などで功績のあった人や団体に贈られる大分県功労者表彰の表彰式が3日、県庁であった。84の個人や団体が表彰され、日出町のボランティア尾畠春夫さん(79)も受賞した。

 尾畠さんは8月、山口県周防大島町で行方不明の男児(2)を発見した。この日も、赤色のはちまきにオレンジ色のTシャツという男児を発見したときと同じ服装で出席。広瀬勝貞知事から表彰状を渡されると笑顔で受け取り、握手した。

 由布岳などでの登山道整備や清掃活動、被災地でのボランティア活動などが功績として評価された。2017年の九州北部豪雨で被害に遭った日田市のほか、東日本大震災の被災地でも活動した。

 尾畠さんは「困った人がいたら手を差し伸べるべきだ。災害が起こったときは駆けつけてボランティアをしたい」と話した。(小林圭)