拡大する写真・図版 中間選挙前の最終盤となった共和党の集会で演説するトランプ大統領=2018年11月4日、ジョージア州メイコン、竹花徹朗撮影

[PR]

政治断簡

 全米各州で6日に中間選挙が行われる。今回は連邦議会上下両院の選挙。トランプ大統領の任期はあと2年あり、その進退が問われるわけではない。だが結果は、日本にも飛び火しかねない。

 今は与党共和党が上下両院で過半数を握る。だが、情勢調査では、上院は与党が多数を維持するものの、下院では野党民主党が躍進して逆転が起こるという予測が大勢だ。

 友人の元米政府高官と中間選挙について議論していたら、こう語り出した。「下院で民主が多数派になれば、トランプ大統領にお灸(きゅう)を据えられると考える人もいる。だが、同氏はますます過激になる。それは日本にも間違いなく影響するだろう」

   …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら