[PR]

 県内外の優れたジュニア選手と指導者に贈られる「夢追人 吉田沙保里大賞」の表彰式が3日、津市のサオリーナであった。9月の世界柔道選手権女子52キロ級を制した阿部詩(うた)選手(兵庫・夙川学院高)らが、レスリング女子で五輪3大会を制した吉田沙保里選手(津市出身)から表彰された。

 阿部選手は今回、実行委員会特別賞を受賞した兄の一二三(ひふみ)選手(日体大)とともに東京五輪の優勝が期待されている。吉田選手から賞状と副賞の伊勢エビを受け取り、笑顔を見せた。

 阿部選手は昨年、吉田選手と合同合宿で一緒に練習した縁がある。「レスリングの動きを吸収し、苦手な寝技もできるようになった。吉田選手はあこがれの人。賞をいただき、いい流れで東京五輪につながれば」と話した。

 また、吉田選手はこの日、東京…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら