[PR]

 吹奏楽部の名門校大阪府立淀川工科高校吹奏楽部と一般公募の市民が一緒に演奏する「びわ湖に響け! 1000人の吹奏楽with淀工」が3日、大津市打出浜のびわ湖ホールであった。6歳から68歳までの約440人の市民らが参加した。息を合わせた演奏は1540人の観客を魅了した。

 同ホールなど14団体が作る「びわ湖大津秋の音楽祭運営協議会」の主催で、6回目。高島市出身で同部顧問の丸谷明夫さん(73)が指揮を務め「故郷(ふるさと)」など3曲を演奏した。

 丸谷さんは「一人ひとりが一生懸命演奏した。百点です」と語った。親子で初参加し、ともにトランペットを吹いた大津市在住の柿本麻記さん(46)と長女で高校1年生の奈穂さん(16)は「大人数での演奏は迫力があって楽しかった」と目を細めた。(比嘉展玖(ひらく))