SP首位の羽生結弦「跳びますよーって、出したくない」

有料会員記事

構成・吉永岳央
[PR]

 3日にヘルシンキであったフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会で、男子ショートプログラム(SP)に臨んだ羽生結弦(ANA)はルール改正後の世界最高となる106・69点をマークし、首位発進した。演技後の報道陣との主なやりとりは次の通り。

 ――率直な感想は?

 「満足できていないところは結構あって。トランジション(つなぎ)に関しても、ジャンプのできに関しても、まだできるところがたくさんあったよなということを考えています」

 ――冒頭の4回転サルコーには力が入っていた。

 「(直前の)6分間練習の一…

この記事は有料会員記事です。残り834文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]