[PR]

 4日に行われた第50回全日本大学駅伝対校選手権記念大会(朝日新聞社など主催、JAバンク特別協賛)で、初出場の新潟医療福祉大学は5時間46分46秒で24位となった。悔しさをにじませた選手たちは「来年もここに来て良い結果を」と躍進を誓った。

「次へつながる走り出来た」

 コースは名古屋市の熱田神宮から三重県伊勢市の伊勢神宮までの8区間、106・8キロで行われた。計27チーム(うちオープン参加2チーム)が出場した。

 新潟医療福祉大は、トップと10分差になった4区で繰り上げスタートとなったが、区間18位となった7区の小林史弥選手(3年)やアンカーの若沢新也選手(4年)らの追い上げで、25位から順位を一つ上げてゴールした。

 泉田俊幸監督は「今の力として…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら