[PR]

 サッカーJ3のSC相模原は4日、元日本代表のGK川口能活(よしかつ、43)が今季限りで現役を退くと発表した。川口はクラブを通じ、「今は感謝の気持ちしかありません」とコメントを出した。14日に引退会見を開き、12月2日に本拠・相模原ギオンスタジアム(神奈川県相模原市)であるリーグ最終戦後に引退セレモニーを行う。

 身長180センチとGKとしては大柄ではなかったが、反射神経の良さと機敏な動きで活躍した。静岡・清水商高からJリーグの横浜マリノス(当時)に入団すると、1995年度のリーグ新人王を獲得。ジュビロ磐田やイングランド1部リーグ、デンマークでもプレーした。

 96年7月にはアトランタ五輪で強豪ブラジルを破る「マイアミの奇跡」の立役者に。W杯には、日本が初出場した98年フランス大会を含め、2002年日韓、06年ドイツ、10年南アフリカと計4大会に臨んだ。

 J1通算421試合出場、日本代表では通算116試合出場。