[PR]

 5日午前9時半ごろ、島根県出雲市知井宮(ちいみや)町の会社員、原圭司さん(50)方で、原さんの母親の安枝さん(82)が血を流して倒れているのを訪ねてきた親族が見つけ、119番通報した。出雲署員が原さんの妻の圭子さん(46)も同様に倒れているのを見つけたが、いずれも死亡。県警は任意で事情を聴いていた原さんの次男、聡悟(そうご)容疑者(21)を6日未明に安枝さんに対する殺人容疑で逮捕し、発表した。

 県警によると、聡悟容疑者は「祖母をハンマーで殴って殺したことは間違いない」などと供述しているという。逮捕容疑は5日午前7時35分ごろから同9時半ごろにかけて、安枝さんの頭などをハンマーで殴るなどして殺害したというもの。凶器とみられる金属製ハンマーが屋内で見つかったという。聡悟容疑者は圭子さんを殺害したとも供述しており、県警は調べを進める。

 県警によると、原さん方は、死亡した2人のほか、原さんと聡悟容疑者、長女の計5人暮らし。安枝さんは1階の階段脇で、圭子さんは2階で倒れていた。2人は原さんらが家を出たあとに襲われたとみられ、発見時には誰もいなかったという。事件後から、同居する聡悟容疑者と連絡が取れなくなっており、県警が行方を捜していたところ、5日午後に出雲市内の路上で発見。事件への関与をほのめかしたことから、任意で事情を聴いていた。

 現場は、JR山陰線西出雲駅北側の住宅街の一角。