[PR]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は8日、小型回収カプセルを積んだ無人補給機「こうのとり(HTV)」7号機が、国際宇宙ステーション(ISS)から分離した、と発表した。搭載している小型カプセルを11日に放出し、ISSでの実験試料の回収をめざす初の試み。

 JAXAによると、こうのとりは8日午前1時50分にISSを離れた。今後、搭載しているカプセルを11日午前、高度300キロで放出する。こうのとりは大気圏に落下して燃え尽きるが、カプセルは姿勢を制御しながら大気圏に再突入し、パラシュートで小笠原諸島・南鳥島沖に着水する予定。船で回収後、試料は筑波宇宙センターに航空機で運ばれる。

 こうのとりとカプセルは11日午前6時40分ごろ、北陸地方の上空付近の大気圏に再突入し、南東方向に落下する。天候や場所次第では、明るく輝く「火球」として見られる可能性もある。

 これまで実験試料を地球に持ち帰るには米国やロシアの宇宙船に頼ってきたが、独自の回収技術を持つことで時間やコストの削減につながるという。将来の有人宇宙船の開発にもつながると期待される。

 回収をめざすカプセルは直径84センチ、高さ約66センチの円錐(えんすい)状で重さ約180キロ。内部は魔法瓶のような構造で、ISSでつくったたんぱく質結晶などを入れ、温度を4度に保つ。窒素ガスを噴射して姿勢を制御する機能もある。(石倉徹也)