[PR]

 東京・神田で3、4両日に開かれた「神田カレーグランプリ」決定戦で、山梨県笛吹市の石和温泉郷の旅館「石和名湯館 糸柳」グループのカレー店「ジョイアルカレー」が準グランプリに輝いた。

 カレーの聖地・神田のイベントで、予選投票で選ばれた20店が出店し、来場者の投票でグランプリを決めた。ジョイアルカレーは店舗で出す辛口カレールーに、信玄鶏のから揚げと富士桜ポークウィンナー、野菜をトッピング。「山梨・石和信玄カレー」と名付け、山梨らしさを演出したという。

 内藤修也社長(56)は「カレー店や旅館などのグループ全員とボランティア、応援してくれた人たちが一丸になれた。みんなで喜びを分かち合いたい」と話した。6日から期間限定で、甲府、石和両店で準グランプリメニューを提供する。(田中正一)