[PR]

 グンゼが5日発表した2018年9月中間決算は、前年比3・4%減の32億円と営業減益だった。もともと減少傾向にあったストッキングの需要が、今年の猛暑でさらに振るわなかったことが原因という。

 ストッキングを含む靴下類は売上高の約14%を占める主力分野の一つだが、今回の中間決算では同8%減の98億円と低調だった。広地厚社長によると、夏場はサンダルばきで過ごす「素足派」の人や、足底付近だけを覆うフットカバーで済ます人が近年増加。女性向けのストッキングの落ち込みはその中でも大きく、さらに今夏の猛暑が追い打ちをかけたという。

 一方、猛暑には飲み物がよく売れたというプラス面もあり、ペットボトル用のプラスチックフィルムの販売は好調だった。全体の売上高は同1・1%増の685億円、純利益は同0・4%増の25億円とほぼ横ばいだった。(金本有加)