[PR]

 大阪府東大阪市の第二阪奈道路で、乗用車を時速280キロで運転したとして、府警は5日、大阪市城東区の無職の男(35)を道路交通法違反(速度超過)などの容疑で書類送検し、発表した。男は運転しながら速度メーターや景色を撮影し、動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿していたという。

 城東署によると、送検容疑は今年1月12日午前4時10分ごろ、東大阪市山手町の第二阪奈道路で、指定速度(時速60キロ)を約220キロ上回る約280キロで運転したなどというもの。乗用車は、国産メーカーのスポーツタイプだった。男は「車の性能を試したかった。過去にも10回ほど、速度超過をして動画を投稿した」と容疑を認めているという。

 今年5月、府警のホームページに「危険な車両が投稿されている」との情報提供があり、府警が動画の投稿主を捜査したところ、男が浮上したという。