[PR]

 サッカーJFLのFC今治が年間成績4位をキープし、Jリーグ3部(J3)への昇格が視界に入った。元日本代表監督の岡田武史氏(62)が当時四国リーグ所属だったチームのオーナーとなって4年。11日の次節で勝利し、5位のソニー仙台FCが引き分け以下となれば、18日の最終節を残して悲願の昇格が決まる。

 今治市のありがとうサービス.夢スタジアムであった4日のホーム戦では、東京武蔵野シティFCに3―0で快勝。チーム初の6連勝を決め、今季最多の4704人の観客で埋まったスタジアムが沸いた。

 年間通算成績は現在、14勝6分け8敗で、順位は4位。年間成績4位以上かつJリーグの百年構想クラブ内で2位以上のJ3昇格条件を満たしている。

 今季は第1ステージで7位と出…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら