[PR]

 チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世は5日のインタビューで、ミャンマーの少数派イスラム教徒ロヒンギャが迫害されている問題について、アウンサンスーチー国家顧問と話をしたり、手紙を送ったりしたと明らかにした。ダライ・ラマもスーチー氏もともにノーベル平和賞受賞者。スーチー氏は問題の解決の難しさを語ったという。

 ダライ・ラマは「スーチー氏に尋ねたが、特に軍関係の事情で困難なようだった。手紙を送ったが返事もなく、私にできることはもうない」と語った。また、「『仏教徒によるテロ』の報道を目にして、非常に悲しかった」とし、「思いやりや許しがブッダの教えだ。ブッダがいたとしたら、絶対にイスラム教徒を助けるだろう」と述べた。

 中国政府との関係については、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら