当然かのように寄付募る文科省 国立大は今も一家の一員

有料会員記事

小宮山亮磨、松尾一郎
[PR]

 文部科学省の局長らが、出向中に病死した職員の家族向けの寄付金集めを全国の国立大に依頼していた。背景には、旧文部省出身の官僚の国立大に対する支配意識や、「現役出向」という文科省と国立大をつなぐ独特の交流人事制度の課題が見え隠れする。

 「法人化から15年近く経つのに『文科省一家』はまだこんなことをやっているのか」――。取材に応じた複数の国立大関係者は、寄付金のとりまとめを求める趣意書を読んで、こんな感想を口にした。

ここから続き

 文科省を「一家」と例えるの…

この記事は有料会員記事です。残り589文字有料会員になると続きをお読みいただけます。