[PR]

 我が子が次々と不登校になり、気を紛らわせようと走り始めた女性が、子どもたちの応援を背に、初めてのマラソンで42・195キロを走りきった。

 11日の福岡マラソン。福岡県糸島市の西美千子さん(51)は、オレンジ色のTシャツを着て大会に臨んだ。背中には、中学3年生の長男(15)が描いた西さんのイラストと、長女(22)が書いた「心」の文字。右手首には、中学1年生の次男(12)がつくったミサンガをつけた。3人はいずれも「不登校」を経験した。

 最初は次男だった。2016年の秋、「おなかが痛い」「吐き気がする」と、周りの人と接する極度の緊張からか、小学校に行かなくなった。17年のゴールデンウィーク前後には、当時、大学に通っていた長女と、長男も急に家から出られなくなった。「今までは『普通に』通っていた。まさかうちの子が」

 西さん自身も人間関係に疲れ、夫(51)と口論することもあった。「ハンマーで殴られた以上の衝撃というか」

 スクールカウンセラーや心療内…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら