[PR]

 突然走り出す、飛び降りるなど重度の異常行動を起こした季節性インフルエンザ患者の報告が昨季、95件あったことがわかった。厚生労働省研究班が5日、公表した。報告数は過去10季で3番目に多く、95件のうち94件が19歳以下だった。インフルエンザ治療薬を使っていない例もあり、厚労省はインフル発症後の異常行動への注意を呼びかけている。

 調査によると、インフル治療薬の種類別の報告数はタミフル23件、リレンザ16件、イナビル26件、ラピアクタ2件。3月から販売されたゾフルーザは2件だった。一方、薬を使っていないケースでも16件あった。性別では男性63%、女性37%。年齢は9歳と13歳が12件と最も多く、これまでと同様に小学生から中学生の男児に異常行動が出やすいという傾向が見られた。

 2007年から厚労省はタミフルの10代への使用を原則、禁止してきたが、異常行動との因果関係が明確ではないとして8月、使用制限を解除した。厚労省はインフル治療薬の処方に関わらず、小学1年から19歳までがインフルになった場合は、少なくとも発熱から2日間は玄関に施錠したり、ベランダに面していない部屋に寝かせたりするなど、異常行動に注意を払うよう呼びかけている。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/(姫野直行)