[PR]

 福島浜通りロボット実証区域となっている福島県南相馬市と浪江町で7日、小型無人航空機ドローンの目視外飛行が始まった。日本郵便が郵便局間で、当面は事務用品などを運ぶ。

 人の目が届かない遠方への配送は全国初。ロボット産業による復興に活路を求める福島県と、人手不足から山間部など過疎地でのドローン配送を目指す日本郵便の意向が合致した。

 この日は午前9時ごろ、荷物を載せたドローンが小高郵便局(南相馬市)を離陸。高度60メートル以下を時速50キロ余りで飛び、約15分後、南に約9キロ離れた浪江郵便局(浪江町)に到着した。初飛行に立ち会った南相馬市の門馬和夫市長は「ドローンが復興に向かう大きな力になれば」と話した。日本郵便によると、今後は月に6日程度、チラシなど重さ2キロ以内の荷物を運ぶという。

 ドローンによる配送は原則、操縦者や見張り役の目が届く範囲のみ認められていたが、9月に航空法に基づく審査要領が改正され、機体にカメラを付けるなどすれば、目視外飛行が可能となった。(江川慎太郎)