[PR]

 熊谷市出身で日本初の女性医師、荻野吟子(1851~1913)の波乱の生涯を描いた映画が来春、社会派映画を手がける山田火砂子監督(86)の手で制作される。山田監督にとって吟子は「女性の地位向上に尽くした先駆者」で作品として残したい人物だった。東京医大入試で女子受験者が不利に扱われた問題を受け、「今の医学界に一石を投じよう」とメガホンを取る決意をした。

 タイトルは「荻野吟子の生涯~日本ではじめての女性医師」(仮題)。

 吟子は、1851(嘉永4)年、旧俵瀬村(熊谷市)に生まれた。17歳で名主の家に嫁ぐが、夫から性感染症をうつされて離婚。治療とはいえ、男性医師による診察で受けた屈辱をバネに医師を志した。34歳で公許女性医師の第1号になり、女性の医学界への道を切り開いた。

 後に、キリスト教伝道師と再婚…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら