写真・図版

  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 高齢者が亡くなる代表的な原因である肺炎。その中でも7割ほどを占めるとされる誤嚥(ごえん)性肺炎を防ぎ、長生きにつなげようという考えが広まりつつある。ただ、予防やケアについて誤ったイメージも少なくない。どのように向き合えばいいのか。

のどを鍛えるだけでは防げない

 東京都の片岡君江さん(89)は5月、発熱とせきをきっかけに病院に行くと誤嚥性肺炎とわかり、1週間ほど入院した。いまは回復し、東京在宅ケアクリニック(東京都文京区)の吉田大介医師の訪問診療を受け、自宅で過ごす。体力をつけるため、歩行器を使って自宅内を歩いたり、横になって脚を上げ下げしたりするトレーニングに取り組んでいる。

 誤嚥性肺炎は、ものをのみ込む力の落ちた人で確認された肺炎をいう。何らかの形で誤って肺に入ってしまった細菌が原因になりやすい。

 のみ込む力を高めることが予防につながるとして、「のどの筋肉を鍛えよう」とする一般向けの情報は多い。

 しかし、東京医科大八王子医療センターの寺本信嗣教授(呼吸器内科)は「無意味とは言わないが、『のどを鍛えるだけで誤嚥性肺炎を防げる』と思われているなら、大きな誤解」と言う。

 肺炎につながる誤嚥は、食事中…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら