[PR]

 橿原市立畝傍中学校夜間学級(畝傍夜間中学)で18日、開校以来初めての文化祭が開かれる。生徒は学齢期に学校に通えなかった人や、外国出身の人たち。「自分たちのように読み書きや会話で苦労する人は今もいる。夜間中学の存在を多くの人に知ってもらいたい」と準備に取り組む。

 畝傍夜間中学は1987年、市民有志が運営する橿原自主夜間中学として始まり、91年に公立化。2020年に公立化30年目を迎えるのを前に、生徒たちの提案で文化祭が企画された。

 1日夜、市立畝傍北小学校(同市大久保町)の校庭の隅にある小さな校舎を訪ねた。生徒は20~90歳代の25人。国籍は日本、中国、ペルー、タイ、ブラジル、フィリピンと様々だ。

 この日は文化祭の予行練習。一…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら