[PR]

 江戸時代の高級舶来品だった木綿縞(しま)織物・唐桟(とうざん)を幕末に埼玉県川越市で国産化した「川越唐桟」が、当時の輸入地だった長崎市の出島へ「里帰り」して発売された。出島ゆかりの土産品を発掘していた長崎側に、販路開拓に励む川越側が応じて、反物を使ったポーチなどの小物類を送り出した。

 江戸時代、唐桟はインドで作られて出島から輸入され、絹のようなしなやかさが特長の高級品だった。極細の糸を使うため、織るのが難しかったが、幕末に開港した横浜で川越商人が極細の洋糸を買いつけ、川越で盛んだった絹織物の技術を応用して国産化。紺地に朱色、灰色、茶色などシックな色合いの縞柄と、輸入品に比べ手頃な値段が人気を呼び、流行したという。

 現在は需要が少なく、生産量も激減した。川越の呉服店や有志でつくる「川越唐桟振興会」は着物のほか、観光客が気軽に買えるよう、名刺入れ、がま口、ペン立てといった小物にも仕立てて販売している。

 その川越唐桟に、唐桟の国内の…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら