[PR]

南座とわたし 松本幸四郎

 富樫(とがし)との火花散る応酬の末、幕が閉まり、山伏に扮した弁慶が花道に残る。「勧進帳」のラストシーンだ。

 「高麗屋っ!」。場内からわき起こる拍手。演じる松本幸四郎の顔には大汗がにじむ。バタバタッとツケが打たれる中、豪快に跳びはねながら花道を駆けてゆく。

 11月の顔見世(かおみせ)興…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも