[PR]

ひと・一盛和世さん(67)

 青年海外協力隊員として赴いたサモアを皮切りに海外生活は30年に及ぶ。うち17年は太平洋の島国だ。リンパ系フィラリア症という熱帯病をなくすために。

 玉川大学農学部時代、卒論のテーマを蚊と決めて東大の研究室を訪ね、体の一部が異様に膨れた日本人患者の写真を見た。蚊が媒介する寄生虫病がこれほど人間の外見を変えることに衝撃を受けた。

 動くのも不自由。周囲には気味…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら