[PR]

 宇和島市大浦地区に市が建設する水産物荷さばき施設(魚市場)の安全祈願祭が7日、予定地であった。 施設は鉄骨造り3階建てで延べ床面積は約3600平方メートル。2020年3月の完成を予定し、総事業費は約15億円。「公設民営」を想定している。現在、市内にある民間の2市場は新施設に集約される予定という。

 祈願祭終了後に岡原文彰市長があいさつし、「両市場を合わせた取扱金額は20年前に比べて半分以下に落ち込んでいる。魚市場が統合し、流通機能が集約され、衛生的に管理された水産物を提供していくことで打開したい」と述べた。(佐藤英法)