[PR]

 日本医科大病院(東京都文京区)で、肺結核を発病した医師がそのまま診療を続け、複数の患者が菌に感染した疑いがあることが9日、わかった。同日時点で検査を受けた11人から陽性反応が出た。2016年ごろから発病していた可能性が高いが、今年7月まで診察を続けていた。今のところ結核を発病した人はいないという。

 病院によると、肺結核になったのは耳鼻咽喉(いんこう)科の教授。今年6月ごろからせきやたんがひどくなり、7月10日に結核と診断され、翌日入院する直前まで診療を続けていた。

 病院は、教授の診療を受けた患者ら約370人に7月下旬、検査を呼びかける通知を出し、8月に説明会を開催。検査を続けているが、現時点で11人の患者から陽性反応が出ている。発病者は出ていない。結核に感染し検査が陽性でも、発病していなければ他人を感染させることはない。

 医療従事者は結核を発病すると周囲に感染させる恐れが高い。そのため病院が定期健診を年1回することが感染症法で義務づけられている。教授は16、17年の定期健診で異常が見つかっていた。16年ごろにすでに発病していた可能性が高いが、精密検査を受けていなかった。

 病院の担当者によると、健診結果から病院が対象職員に精密検査を促す仕組みになっていなかったという。「医師で専門家のため、ある程度自分で判断してしまったようだ」という。今年度から呼吸器系の異常は、病院側が把握し、検査を促すことにした。

 結核研究所の森亨名誉所長は「個人の責任というよりは、病院の管理責任の問題だ。異常が見つかったら、病院がフォローすべきだ」と指摘する。

 日本医科大病院の高橋浩副院長は「今後、すべての検査が終わった段階で、結果を公表することも検討する」としている。

 医療従事者を含む病院での集団感染は相次いでいる。国内で新たに見つかった結核患者は、17年が約1万7千人。多くは70歳以上の高齢者だが、医師38人を含む看護師や保健師、理学療法士などの医療従事者が計534人に上る。(水戸部六美、行方史郎)