【パノラマ写真】「吹奏楽の聖地」の最後の雄姿=飯塚晋一撮影
[PR]

 「吹奏楽の聖地」と呼ばれる普門館(東京都杉並区)の一般公開に連日、大勢の吹奏楽ファンが訪れている。来月取り壊しが始まるあこがれの舞台に立ち、慣れ親しんだ楽器を手に最後のひとときを楽しんでいる。

 一般公開は、普門館を所有する宗教法人「立正佼成会」が企画したイベント「普門館からありがとう~吹奏楽の響きたちへ」。全日本吹奏楽コンクール(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)の中学、高校の部が長年開かれた舞台を5日から11日まで開放しており、5~7日の3日間で1500人以上が来場した。

 初日の5日夕。普門館の入り口付近では、開場を心待ちにするファンの列ができ、予定より30分早い午後5時半に開場した。

 「うわあ懐かしいな!」 「わーすごい……」

 本番と同じ照明がともる舞台を見わたす人々から歓声がこぼれた。

 5千人を収容できる大ホールの…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら