【アニメ解説】憲法の法の下の平等 武士のあり得ぬ要求

【動画】今回、現代へタイムスリップした武士が見たものは「法の下の平等」
写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 戦乱渦巻く世から、平成の時代にひょんなことからタイムスリップした1人の武士。東京の雑踏で、国会の中で、武士が見たモノとは――?

 アニメ動画を通して、「タイムスリップ武士」と一緒に、憲法のもたらした価値を考えるシリーズ第2回のテーマは「法の下の平等」。

 街で見かけた女性にいきなり「おぬし、わしの側室になれ!」と迫る武士でしたが、「ありえないし」と拒否されてしまいます。そう、憲法14条は法の下では誰もが平等であると定めており、男性だからといって女性に対し何かを一方的に命令することなどできません。

 選挙、夫婦、教育の機会、職業の選択――。さまざまな場面で男女の平等が当たり前になった現代。武士は元の世界とのギャップに驚き、戸惑いながら納得を深めていきます。(アニメ動画は不定期で配信します)