[PR]

 福岡市が「完璧な投票」のための筋トレを呼びかける動画を作った。筋骨隆々の男性が、投票に必要な筋肉をトレーニングで鍛え上げ、投票所で実践するよう呼びかける。投開票は18日で、期日前投票も始まっている。「気がつけば、体が勝手に投票所に向かっていました!」との声が寄せられるかどうか。

 動画「投票前トレーニング」は、市選管が4日から特設サイトなどで公開している。動画は全3本で、1本目は足腰を鍛える「投票所にたどり着くためのトレーニング」。「福岡市長選挙11月18日」と書かれたタンクトップを着た男性が、無言でスクワットを繰り返し、大臀(だいでん)筋をいじめ抜く。大写しになる大臀筋。その間、「投票所へのルートをイメージするとより効果的」などといったナレーションが流れる。

 2本目では、「投票用紙を美しく受け取る」ために、ゴムチューブを引き伸ばしながら背中(広背筋)を鍛える。

 10日公開の3本目、「投票箱に着実に投票するためのトレーニング」を見て上腕三頭筋を強化すれば、スムーズな投票に向けた準備が完了する仕組みだ。

 市選管によると、動画は8日現在、再生回数が計11万回を超える。SNSでは「こじつけ感が好き」「福岡市選管変なところに力入れすぎ」といった評価が飛び交う。

 それにしても、なぜ筋肉なのか…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら