[PR]

 今月3日、富山市八尾町の大長谷(おおながたに)地区でドキュメンタリー映画「おだやかな革命」の上映会が行われた。紅葉真っ盛りの山間地に市内外から約20人が集まり、映画を楽しんだ。上映前には、地元の小水力発電施設の見学会があり、上映後には見た人それぞれの感想や、過疎の地域をどのように活性化していったらいいのかを話し合う場も設けた。時間が足りないほど盛り上がった。

 「おだやかな革命」は、山形県を舞台に在来作物をテーマにしたドキュメンタリー映画「よみがえりのレシピ」(2011年)を作った、渡辺智史監督の新作だ。地方における、食やエネルギー、暮らしの自立に向けた取り組みを紹介し、「本当の豊かさ」を考えさせてくれる。

 富山市在住の「野菜ソムリエ上級プロ」である田中美弥さんは5年前、野菜などを売るマルシェなどと合わせて「よみがえりのレシピ」の上映会を開く活動を始めた。以来、富山県内の多くの人を巻き込んで「富がえりのレシピ実行委員会」として活動している。

 昨年、渡辺監督が新作を作るた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも