[PR]

 ロボットが注文を取り、コーヒーを運び、雑談までできる。そんなカフェが11月26日~12月7日(土日を除く)、期間限定で東京都港区にオープンする。ロボットを動かすのは人工知能(AI)ではなく――。

 全長120センチの白いロボットが家族連れの座る席に近づき、女性の声で「チョコレートいかが」と薦めて手渡す。「ありがとう」と受け取った子どもに、「お名前は」「いくつなの」と言葉をかける――。この8月に日本財団(東京都港区)で開かれたカフェの模擬的な実演だ。子どもの母親(39)は「ロボットだけど冷たさは感じず、人の親しみ、温かみを感じた」。

 ロボットの名前は「OriHime-D(オリヒメディー)」。実はこのロボット、筋力が衰えていく難病の村田望さん(33)が都内の自宅から遠隔操作していた。ロボットの内蔵カメラから送られてくる映像を見ながら、動かせる手でロボットを操作。言葉を話すと、ロボットのスピーカーから発せられる。

 外出が難しい障害者の社会参加…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら